お客様インタビュー

高山市清見町 N様

長男の就学を機に実家へ引っ越しするため
二世帯住宅にリフォームを決意。

ロビンを選んだきっかけは?

主人の勤務が市内だったために賃貸住宅で暮らしていました。
3人いる子供が小学校に入るときには、子供のためにも転校することのない実家暮らしを考え、実家を二世帯住宅仕様にリフォームをしなくてはと、いろいろとリフォーム会社を探していました。
そのとき、目に留まったのが、ロビンさんのチラシでした。

木のぬくもりにこだわりを持ち、リフォームをするならば、カントリー調にしたいと、雑誌やHP、ありとあらゆるリフォーム住宅情報を集める中で、ロビンさんがずば抜けて木のぬくもりを大事にしていることに感銘を受けました。
展示会や相談会にも出かけ、自分たちなりの構想もできたころ、ロビンさんに同級生の田方くんがいることを知り相談しました。
リフォームプランや仕様決めなど現場監督の牛丸さんが色々と相談に乗ってくださり、完工まですべて引き受けてくれるという嬉しい話もいただき、お願いすることに決めました。

どんな完成イメージを持っていましたか?

共働きなので、最大の希望は、居ながらにしていろんなことができる快適さでした。主人は、食事をするダイニングテーブルの場所でパソコンを使えたり、CDを聴いたりDVDが見られる空間を。私は、ウォークインクロゼットを作り、衣替えのわずらわしさから開放されたい。子供たちは、お客様や親の目から離れ、自由気ままに過ごせるロフトを。そんなわがままを現実のもにできる、「遊び心のあるプラン」をお願いしました。
ロビンさんの一番のウリである梁を出すリフォームが、見事なまでに生かされた、屋根裏を利用したロフトは、子供部屋兼、使わないものの収納場所になりました。

普段は見ないアルバムや、年齢とともに使わなくなったおもちゃ置き場にリフォームしたロフトは、子供たちに大人気!!一番下の次男は、ハラハラするくらい危険なロフトへの梯子を、長男の後を追って登ります。
そんな腕白な子供たちにあったリフォームができたのもロビンさんのおかげです。
子供たちが成長したら、今度は一人ひとりの部屋をリフォームするために、またロビンさんのお世話になると思います。

工事途中はいかがでしたか?

リフォームプランで重視したのが収納でした。
引越しのときにほとんどの家具を処分したほど、必要な収納を予めプランしてくれるようロビンさんに依頼しました。
ダイニングの壁一面に造った棚は、はじめガラス張りにはしない予定でしたが、完成間近になって、主人の大事なフィギュアや、私(奥様)のとっておきのミニチュアドールの収納のために、ガラスを入れました。
子供のおもちゃと思われがちですが、実は大人の私たち夫婦の見栄えの良いディスプレイのためでした。(笑)
台所の床は、フローリングの予定でしたが、水撥ねを考慮して、タイル張りに。壁には、子供たちの落書きにも対応できる大きなホワイトボードを壁一面に配置しました。
窓のサッシは、昔ながらのペアガラスだと重たくて、開閉に困るので、軽い樹脂を使った新しいものに変えていただきました。
サイドコーナーの机は、二階の窓からお布団を外に干すのに大事な役割です。

使い心地はいかがですか?

照明は主人がすべて自分で選び、ネットで購入したこだわりのLED照明。
照明の雰囲気も部屋にぴったりです。
1階には両親と祖母が住み、リフォームという選択で家を守ることができて良かったです。
今まで暗かった場所もリフォームで明るくなり、想像以上の快適さです。
私(奥様)も希望だった木のぬくもりを生かしたキッチンや洗面台も大満足の仕上がり。料理をするのが楽しいです。

お客様インタビュー一覧へ戻る

お気軽にお問い合わせください。住まいづくり・リフォームに関するご相談。お見積りなどはお気軽にお問い合わせください。メールでのお見積り・お問い合わせはこちら