• HOME
  • Robinが耐震リフォームと断熱改修リフォームに力を入れる理由

Robinが耐震リフォームと断熱改修リフォームに力を入れる理由

私たちRobinはリフォーム会社からスタートをしました。
既存の住宅を大切にし、自分たちの個性と住まい方の変化に応じてリフォームをする。
それはあたかも人間が成長をするように、時には少しづつ、時には大胆にカスタマイズをしながら息吹を刻んでゆくこと。

リフォームによって生まれ変わる住宅もあります。

私たちはリフォームには大きく3つのカテゴリーがあると考えています。

1つ目: 修繕・メンテナンス・維持のためのリフォーム。
例えば外壁塗装やシロアリ対策、屋根塗装などがこれにあたります。
2つ目: リフレッシュ。
例えば便器交換やユニットバスの入れ替えなどがそれに当たります。
3つ目: いわゆるリモデル工事。
間取りの変更や増築、全面改装などがこれにあたります。

私どもではこの上記の3つのどれも得意工事にしています。
例えばリフレッシュ工事に関していえば、「どこにでもあるものはできる限りお安く」ということで、一般メーカーの住宅設備品は格安にてご提供しています。
ネット時代の現在では「施主支給」もお客様の希望にあります。
もちろん私たちは OK、予算確保のためにできる限りのご協力をさせて頂いております。

リフォームにすることによって耐震性能が損なわれることはNG

せっかくリフォームをしたのに、住宅そのものの性能が損なわれることはあってはなりません。

安易に柱を抜いたり、開口部を広げたりと理想の住まい にはなる、、と思われますが、
それによって耐震性能などが低下するのでは「安心して暮らす」という絶対的な条件から外れてしまいます。

Robinでは大型改修や間取りの変更、全面改装などをする場合、耐震診断を行います。
その耐震性を持ってお客様にご判断頂くのですが時には耐震工事もお勧めする場合があります。
耐震工事は費用がかかりがちと思われていますが、「ついで」にやれば案外ローコストでできるものです。
せっかくのリフォームをして安全と安心を手放さないようにと願っております。

耐震診断とは?

住宅の性能を上げるリフォームも念頭に

長年住んでいると住み心地が「今の住宅の場合」というのが価値観のレベルになっているケースがほとんどです。
例えば冬の寒さ、夏の暑さなど「こんなもんだろ」という今の住まいの断熱レベルが「普通」になっているという意味で、実際に「断熱リフォーム」に興味を持たれる方が少ないことを残念に思います。
こんな時、宿泊体験ハウスがあれば「なんて自分の家は住み心地が悪いんだろう」とスイッチが入るのに、、と思うことがあります。
住宅に携わるプロとしてそのくらい「断熱の悪い家」が多く、それが当たり前を思っている人が多く、また説明をしご理解を頂ける人が少ないのです。

しかし数少ないですが年間に数件は「断熱に関してリフォームを」という依頼があります。これは私たちの得意分野ですのでセルローズファイバー、外断熱パネルなどを利用しリフォームをします。
するとその後の住み心地の感動は声にもならないくらい!生活が一変するとはこのことだと思います。

セルロースファイバーのリフォームについて
外断熱リフォームについて

この断熱リフォームもそれだけの工事をしようとすれば費用がかさみますが、「ついで」にやることでこちらも案外、費用が安くするケースがあります。せっかくのリフォームですから断熱性を上げるという住宅そのものが持つ性能を上げる工事もぜひ検討して頂きたいと思います。

住宅の耐震化断熱改修


リフォームという選択で家を守ることができて良かった。

高山市清見町 N様

長男の就学を機に実家へ引越しするため
二世帯住宅にリフォームを決意。


子供たちも居間で過ごすことが多くなり、家族団欒の時間が増えました。

萩原の家 K様

延ばしにしていた下水道工事
チラシと展示会で理想に近いリニューアル

お気軽にお問い合わせください。住まいづくり・リフォームに関するご相談。お見積りなどはお気軽にお問い合わせください。メールでのお見積り・お問い合わせはこちら